3年間の不動産投資でセミリタイア生活を手に入れた元サラリーマンの不動産投資体験記

イエローハウス キャッシュフロー


イエローハウスの毎月のキャッシュフロー(収支)表です。売買契約を結ぶ直前に1部屋空室ができてしまいましたが、それでも毎月の収支は約20万円です。

収入/月 金額
家賃 +350,000円
支出/月
20年ローン(変動金利) -150,799円*
管理費(家賃の5%) -17,500円
収支/月 +181,701円

*初回のみ160,727円

今回の取引について

感想
初めてのアパート投資体験ですが、比較的スムーズに購入まで進むことができました。今度は満室経営と、長期譲渡の権利が発生する5年後(差益の税金が約半分になる)の出口戦略を考えながら大家さんをしていきたいと思います。

反省点
今回は、銀行のローンを全て不動産屋さんに任せてしまいました。銀行は支店別に対応が異なると信用問題につながりますので、一度融資を断られたら、同じ案件のものについて他支店融資が受けられることはありません。

不動産屋の方は、信用金庫や大手都銀などにお願いをしてきていただけたのですが、バブルがはじけてから個人の融資が難しくなっているとのことで、スルガ銀行の融資なら大丈夫ですという連絡がありました。

しかし、金利は4.5%(変動金利)とのことでしたので、これは高すぎると思い、姉歯物件でお世話になったオリックスに融資を自分で依頼してみることにしました。以前お取引があるとのことで、すぐに面談をし、その1週間後に金利2.875%(変動金利)で可能とのことでローンを組むことが可能となりました。

後で聞いた話ですが、ローンを組む際は、一度に複数の銀行にローンの依頼をしても大丈夫らしいので、次回はよりスピーディに進めるべく複数の銀行に依頼をし、また、他人任せではなく、自分の足で熱意ときちんとしたアパート経営戦略を伝えてローンの依頼をしてみたいと思いました。

 

2010年1月追記

ん~。
オリックスにしたのは正解だったと思います。
あと、自分で銀行に融資の依頼に行こうとする姿勢も我ながらいいですね。

今ならこの物件は買いませんが、この物件を購入してから今まで二の足を踏んでいたのが吹っ切れたので、当時の選択肢としては良かったのではないでしょうか。
今でも利回り的にもほどほどに回っていますし。

2015年6月追記

ここは購入後に事故物件となってしまいましたが、復活を遂げ現時点でも月320,000円の満室経営をしています。自社管理に変更したのがきっと良かったのでしょう^^
ローンについては、3年前に借換を行い、今では金利1%以下となっていて、月の返済額は約11万円で、とても優秀な物件となっています。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不動産投資道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.