3年間の不動産投資でセミリタイア生活を手に入れた元サラリーマンの不動産投資体験記

千葉6号のキャッシュフロー


千葉6号のキャッシュフロー

千葉6号の毎月の満室時のキャッシュフロー(収支)表です。
ちなみに購入時には2DKが1室空いていました。

収入/月 金額
家賃 +609,000円
支出/月
30年ローン(変動金利:4.5%) -380,013円
管理費(家賃の3.5%) -21,315円
収支/月 +207,672円

利回りが10%そこそこでもローンを30年と長く組めたので毎月の収支は20万円を越えていますが、30年もこの家賃がキープできるはずではありません。
この物件は転売目的なので、OKとしましょう。

今回の取引について

感想
今回はサラリーマンとして最後に購入できる物件だったので、利回りが10%程度で購入に踏み切ってしまいました。
もし、サラリーマンを続ける腹積もりでしたらきっとこの物件は購入しなかったと思います。

いくら毎月のキャッシュフローが20万だとしても、30年ローンですから将来が不安だからです。

この物件は、今年家賃収入を得て、来年には出口戦略で転売しよう思います。

 

2015年6月追記

この物件を購入して、約1年後の2008年から売りに出しています。

それまで信用していた仲介業者の担当者の ”高い値段で転売しましょう” という言葉を鵜呑みにしてしまった僕の甘さが原因でしょう。営業担当者は売るのが仕事ですから、仕方ないことです(>_<)

とわ言え、現在も健全にキャッシュフローが回って運営できていますので、残債に合わせて少しずつ価格を下げながら売りには出していますが、安売りすることは考えていませんね。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不動産投資道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.