3年間の不動産投資でセミリタイア生活を手に入れた元サラリーマンの不動産投資体験記

金利交渉

  • HOME »
  • 金利交渉

都市銀行からの電話

僕は最初、銀行相手にローンの金利交渉ができるだなんてまったく思っていませんでした。

しかし、浦和号に融資してもらった某都市銀行の担当者からの電話をきっかけに僕の考えは変わりました。

浦和号を購入してほぼ1年が経過したので、そろそろまた融資を受けないかという内容だったのです。

実は浦和号の購入後、すぐに別の物件の融資を同担当者に依頼したのですが、あまりの投資スピードに呆れたのかほとんど相手にしてもらえなかったのです。

そのため、その後小山号と千葉号を某地方銀行から融資を受けていたのですが、そのことは伝えていませんでした。

そのことを正直に担当者に伝えると、1年間で3棟も不動産を購入したことには少々驚いてたようでしたが、

”ローンの借り換えをすれば返済条件が良くなるかも知れないので、やってみませんか” という提案をしてきたのです。

大まかな小山号と千葉号の借入金額、金利、返済期間を伝えたところ、電話の向こうでパチパチと電卓か何かを打っているようでした。

”物件次第では、金利を目一杯低く設定することで、現在の毎月のローン返済額はほぼ同額ですが、返済期間が12年程度短縮することも可能です”

とうい返事が返ってきたのです。

(毎月の返済額が変わらずに、返済期間だけが12年縮まる!)

興奮のあまり心臓がドキドキしました。
もともと30年のローンが18年に短縮なるんですから!

小山号と千葉号のローンの返済表と物件の内容が分かるものが必要とのことでしたので、すぐに担当者にに書類を送付することにしました。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter


BIG TOMORROW
2013年6月号に管理人がセミリタイヤ特集に掲載されました。

当サイトが起業塾(2006年10月号)に紹介されました。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.