3年間の不動産投資でセミリタイア生活を手に入れた元サラリーマンの不動産投資体験記

DIYリフォーム クッションフロアの張替えに挑戦!編

  • HOME »
  • »
  • DIYリフォーム クッションフロアの張替えに挑戦!編

今回のクッションフロアの張替えは、栃木5号の1K部屋(6帖)です。
今どきカーペットの床だったのでクッションフロアに張り替えてみることにしました。

ちなみに業者へ見積もりを出したところ、約10万円という内容でした。
ホームセンターやインターネットでクッションフロアーの価格の相場を調べたところ、インターネットの方が安かったので、ほとんどの材料をインターネットで購入しました。

■購入した材料(合計 25,197円)
・クッションフロア 9,450円(厚さ1.8mmで巾182cm×10m)
・クッションフロア用接着剤 2,100円(3kg)
・工具4点セット 5,145円(ノリハケ、ブラシ、チョークライン、ローラー、ステンヘラ)
・両面強力テープ室内用 4,620円(15m×5個入り)
・クッションフロアの下地用板 3,882円(6枚)

以上が今回購入したものですが、今後は工具は必要ないですし、両面テープはほとんど使わなかったので、15,000円程度で可能かと思います。

さて、ここから僕の始めてのクッションフロアリフォームについて紹介していきます。

もともと敷いてあったカーペット。ハウスクリーニング後でしたが、なんだか痒くなりそうな印象でした。

カーペットを剥がしてみると、、、またカーペット!? いやいや、カーペットではないが、カーペット風のクッション材?のようなものが敷かれていて、壁際には木材があり、上に向かって釘が突き出ていました。

そして、カーペット風の敷物を剥がすと、コンクリートが出てきました。 迷った挙句、このまま上から板を張り、その上にクッションフロアを敷くことに決定。

人生初の軽トラ運転!!

近くのホームセンターで板を購入し、板を載せて人生初となる軽トラを運転。 結構快適なドライビングでした。 ちなみに、軽トラは無料で貸してくれました。

先ほどのクッションフロア風の敷物の上から強引に板を敷いてみました。 もちろん事前に寸法を測っていたので、ほぼピッタリに! 板のカットもホームセンターにて無料ですぐにやってくれました。

板と板の継ぎ目はしっかりと固定。カナヅチが小さかったのでこれがなかなか難しかった。。

板の上からクッションフロアを敷き、隅は工具でカット。これは結構簡単でした。

半分めくって糊を塗り塗りして

そのまた反対側も塗り塗りして、少し重ねて貼る。

少し重ねたところの2枚分をカッターで切り落とす!

完成!!継ぎ目もほとんど分かりません!!

ほら、こっちから見ても。

勢いあまって廊下の部分も張り替えちゃいました!

ということで、今回は一人で約半日かけてクッションフロア替えのリフォームをやってみました。

パッと見は自分でもホレボレするほど奇麗にできました。

が、、実際に歩くと部分的にフワフワするところがあります。
敗因はケチって厚さ3.6mmの薄い板を購入したことにあると思います。

しかし、クッションフロア風の敷物の上に貼ったので、多少ジャンプしても下に響きません!

まあ、次回はもう少し厚めの板を購入し、しっかりと下地を作ったうえでクッションフロアを敷きたいと思います。

 

2015年6月追記

結局、クッションフロアの張替えはこれが最初で最後になりました。
確か、丸一日かかったと思います。

でも、大家さんになると皆自分でできることはやってみたくなるんですよね。
専業大家さんなら、それも良いかと思いますが、自由を手にしたい大家さんなら、やはり安い内装業者に頼むべきなんだと思います。

TIME IS MONEY!

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter


BIG TOMORROW
2013年6月号に管理人がセミリタイヤ特集に掲載されました。

当サイトが起業塾(2006年10月号)に紹介されました。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.