3年間の不動産投資でセミリタイア生活を手に入れた元サラリーマンの不動産投資体験記

入居者との調停 その2


宛先も僕の名前でしたが、自分の人生で裁判沙汰になるような悪事をしでかすこともまったく想定していなかったので、最初は何の件のことだかさっぱり分からずかなり気が動転してしまいました。

封筒を開けてみて、はじめて6ヶ月くらい前の管理会社とのやりとりを思い出したのです。

いろいろとことの始まりから終わりまで記載されており、まったく管理会社が対応しないこと、それから大家である私に対して損害賠償額200万円を求める内容でした。

僕はすぐに管理会社へ連絡してみると、管理会社にも裁判所から出廷要求が届いているようでした。

すぐに管理担当者の上司が僕の家に来ました。

僕は半年前の入居者からのクレームの件について、きちんと大型犬がいるかどうか対応してもらったのかを確認してみましたが、管理会社はよく覚えていないだとか、他に子犬がいるのでペットの飼育が可能なので、調べる必要がないなどと言い逃れのオンパレードでした。

しかも管理会社はすでに弁護士と相談し、管理会社へ非が行かないように手段を取っているとも思える発言が耳につきました。

『開いた口が塞がらない』というのはまさにこういう状況を言うのだとつくづく感じました。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 不動産投資道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.