先日、埼玉県内の某信用金庫からとちぎ5号のアパートローンの借換の営業が来た。

とちぎ5号はス○ガ銀行から融資を受けていて、最初の金利は4.5%スタートでしたが、何度か交渉しているうちに現在2.3%の状態でしたので、あまり期待はしていませんでした。

しかし昨日、登記費用等上乗せして持ち出しなく0.98%で本部審査がおりましたとの連絡が来たので、オォと思い早速スルガ銀行へ一括返済の連絡を入れました。

最近スルガ銀行で融資を組んでいたお客さんが不動産売却の際にも少々てこづったので覚悟はしていましたが、抹消手続きに1ヶ月かかると言われました。

金消契約書類には2週間と書いてあるんですけどね。。

もう来月分は(勝手に)締め切ってしまったので、早くて2月ですね、、だとか。

契約書に2週間と記載があるし、抹消手続きが遅れた分、高い金利を支払うのはお客の方なのに、よくも平気でそんなことが言えるよぁと思いながら聞いていましたが、さらにこんなことも言われました。

“取引停止になるかもしれません”

”それって、私個人ですか、それとも法人としてうちのお客さんの融資をしてもらえないことですか?”と聞くと、両方ということでした。

これには僕もプチンとしましたので、”スルガさんは借換すると個人どころか法人とも取引停止にするんですね。ネタとして面白いのでグログに書かせてもらいますから” と言ってやったところ、何かもごもごしながら、”そんなことはありません。”だとさ。

そんな高飛車な態度だから最近ス○ガ銀行には融資の依頼をしてないんですが、借りる人が多いってことなんでしょうかね。。

 

 

スポンサーリンク